こんにちは。

北九州の心理セラピスト待鳥智美(まちどりともみ)です。

リトリーブサイコセラピー®という心理療法で「あなたが本当に望む自分に戻る」お手伝いをしています。

 

今日は、曇り空で涼しさを感じています。

今日のテーマは、『いつまでの自分の家庭を持てない』です。

彼女の不満

ある女性の話です。

彼女は結婚10年、二人の子どもがいます。

専業主婦として家に居て、家事・子育てに毎日追われています。

優しい夫、片付いた部屋、おいしい食事、かわいい子供たち。

明るく、楽しく、幸せそう!

 

なのですが、

彼女は、会えばいつも言うのです。愚痴や家族の悪口を。

「掃除、洗濯、食事…いつも忙しい。

私は、好きじゃないし、したくもない。

でも、そうするものでしょう?!

だから、やってあげてるのに、夫は何も協力してくれない。

子どもたちは、ちっとも言うことをきかない!

どうして、わたしばっかり!!」

そうしなければいけないものだから、そうしているだけ。

夫が、……してくれたら。

子どもが、……だったら。

こんなにやってあげてるのに。

 

彼女は、不満ループにどっぷりはまっていて、抜け出せないのです。

これは、ある一人の女性ということではなくて、私が出会った複数の人の傾向です。

永遠のように続く愚痴と不満の中で、彼女が自分の思いを言ったのはどれだけあるでしょう?

「私は、したくない。」

たったこれだけです。

あとは、「夫が…」「子どもが…」と相手が変わって欲しいということと

やってあげてるのに、してもらえない自分は、被害者でかわいそうでしょ?!というアピールだけ!

自分は、こうしたい。という「自分は」を主語にした話がないのです。

 

そして、「そうするもの」というのも、一体、誰を、何を見てそう思い込んでいるのでしょう。

おそらく、自分なりのやり方ではなく、自分が幼いころの母を見て「そうするもの」と思い込んだのでしょう。

親という着ぐるみを着ている

小さな子供にとって、『親が、全て! 自分=親』っていうくらい、言うこと、やること、表情、雰囲気など、絶対的な影響力がある。

子どもは、小さいころから、親に繰り返し呪文のように言われたこと、親がやっていたことを、疑うことなく

そのまま【鵜呑み】(=丸のまま飲み込むこと)してしまう。

また、親(特に母親)との共依存関係にあると、自分の考えや意見を持つことができなくなるため、やはり【鵜呑み】の状態になる。

小さいころの「親」という指標が、大きくなると「人というのもは」「一般的には」「普通は」という風な主語で語られるものに広がる。

 

これは、「親という着ぐるみ」の中に入っているようなもので、小さいころは、そのままそれを信じてやっていくことが、ぴったりと安心で居心地がいいものである。

だけど、自分が大きくなったらどうだろう?

「自分の形」とは違うものの中に入り続ける違和感、窮屈さが出てきて当然。

なのに、馴染み過ぎているため、その着ぐるみから出る、脱ぎ捨てるという選択ができないまま、心の中で違和感を感じ、葛藤が続く。

大人なのに、中身は子どものままで、【鵜呑み】したものに、違和感や不快感があるのに、吐き出せずに苦しみ続けている。

 

この女性も、「自分が」したいことがわからず、彼女の母がしていた「そうするもの」から、抜け出せない苦しさや不快感を無意識に感じているから、それを愚痴や不満という形で吐き出している。

「今」の家族を大切に

生物は、命をつないでいくもの

 

という自然の摂理からみても、人も次の世代へとつなぐのが自然。

だとすれば、大切にするのは、実家の親の「そういうもの」よりも、今の家庭の「そういうもの」を夫婦二人で作っていくことなのでは?

 

「夫が」「子どもが」あれをやってくれない、こうしてくれないと言うのは、相手を自分の思い通りにコントロールしたいということ。

夫婦で作っていくには、「私は~~したい。私は~~とおもうよ。あなたはどう思う?」という自他尊重の姿勢が必要。
(そもそも、『自分が大切』という感覚がわからないということが問題なのだけど…)

 

「私ってかわいそうでしょ」というアピールは、言い換えれば、「相手が悪いのよ」と言っているもの。

その「かわいそうでしょ」の立場のままでアピールし続ければ、「大変ね」「かわいそうね」って誰かに言ってもらえるし、自分に目を向けることもなく、自分は何も変わらなくていい(相手を変えたい)。

 

〇自分の家に居るより、実家の方が居心地がいい。

〇自分の家族より、親のことが気になる。

〇夫と話し合って物事を決めるより、親の助言に従う。

〇いつも、不平不満を感じている。

〇親には逆らえない。

〇自分が本当にしたいことがわからない。

 

もう、あなたは大人です。

自分で責任を持ち、選ぶことができるのです。

いつまでも、親という着ぐるみを着続けますか?

「自分は」という考え方や在り方は【自分軸】ですが、親という指標や、「夫が」「子どもが」というのは、【他人軸】です。

自分の人生を心地よく、楽に、責任を持って生きるためには、軸は、自分にあることが必要です。

自分の家庭を大切にするために、【自分】について、もう少し知ることが必要な時かもしれませんね。

 

では、また~。

 

 


【募集中です】

心理と子育てのセミナー

9月26日(火)10:00~11:30

テーマ:「自分軸」で生きる

詳しくは、こちらをご覧ください

お申し込み・お問い合わせはコチラ↓からもできます。