心理セラピストの待鳥智美です。
北九州にて、心理と子育てのセラピールーム 【こころのまど】を主宰しています。
【こころのまど】では、自分自身や子育てに悩む女性を対象に、様々なテーマで毎月1回少人数制でのセミナーを開催しています。
また、個人向けには、リトリーブサイコセラピー®という心理療法で、悩みや問題の根本を感覚や感情を丁寧に扱うことによって、「自分が本当に望む自分に戻る」心理セラピーセッションを行っています。
現在、一般社団法人 日本NLP心理セラピー協会の推薦セラピストとして活動しています。

私が、心理を学ぶきっかけは、自分の子育てにつまずいたことでした。
頑張ってもイライラと爆発を繰り返してしまう毎日が苦しくて、「こんな子育てがしたいんじゃない。どうしたらいいの?」と思っていました。
心理をベースにした子育てのセミナーに通ううちに、「問題の根元は自分にあったんだ!」と気づいたのです。
セミナーや、個人心理セラピーセッションをうけていくと、どんどん自分が落ち着いて楽になっていきました。それと共に、あんなにあったイライラがいつの間にかグンと減っていたのです。
「心理っておもしろい!もっと学びたい!」と思うようになりました。

そして、カズ姐さんこと、大鶴和江さんがまとめられたリトリーブサイコセラピー®を学び、実践して、自分の問題に直面しては、それを解決していくということを続けていきました。
すると、自分の中にしっかりとした軸を感じるようになり、本当に自分が望むものが自然と感じるようになったことを通じて、増々心理セラピーの面白さや深さを体験・実感し、自分も心理セラピストとして活動することを決めました。

子育てに悩むお母さん方の多くは、私がそうであったように、『子どもや夫に問題があるから、どうにかして変わって欲しい』と思っていますが、問題の根本はじぶんにあるのです。また、うまくできない自分を責めてしまいがちですが、そうすることしかできない今の自分がいるだけなのです。
がんばりすぎてしまう、人の目が気になる、愛情を感じられない、子どもをかわいいと思えない、自分のことがキライなどの問題は、自分のルールに縛られたり、自分の中に安定感が少ないことが引き起こしていることが多いのです。
セミナーでは、その場だけの問題を乗り切る方法ではなく、心理や体験に基づき、自分の問題に気づきを促しつつ、実践できることをお伝えしています。
これまでのテーマ「愛着とは?」「話を聴く方法」「怒りの感情」「潜在意識を活かす」「自分を知り、相手に伝える」「きょうだい」など。
セミナーでは、知識や気づきを得ることを目的にしています。

【セミナーを受講された方のご感想】
「子どもの話を聴くということが、いつもうまくいっていなかった悩みが、1つ1つ理由がわかって良かった。どうしたらいいのかが、掘り下げられていて、理解しやすかった。」

「いつも子どもたちを怒りすぎてしまうので、どうしたらよいかと思っていた。怒りがどうして起こるのかや、どうやったら解消できるのかもわかりやすかった。」

「シェアの時間に、今気になっていることも話すことが出来て、スッキリしました。」

「自分の中で、どうしてうまくいかないんだろう?と思っていることが、今日のセミナーで、発見出来たのでよかった。」

自分の問題や悩みを解決したい方や整理したい方には、リトリーブサイコセラピー®という心理療法で、心理セラピーセッションを行っています。

【リトリーブサイコセラピー®とは?】
リトリーブとは、本来持っているものを取り戻す、回復させるという意味があります。
人が抱えている問題を形成している、幼いころに身に付けた価値観や思い込みや信念を根底からくつがえしますが、その思い込みが原因というよりは、それを持つことによるメリットに着目し、深い根本の部分にある感情や感覚を丁寧に深く取り扱います。
特徴は、「どんな悩みにも対応できる」、「問題の一部分ではなく人の全体性としてみる」、「根本を扱うので問題をリバウンドしない」、「個人の問題を家族全体の問題として扱う」、「葛藤から癒しのプロセスを大切にする」などです。

【どんな方が受けられる?】
・親子関係に悩んでいる
・人と一緒にいると疲れてしまう
・いつも不安を感じている
・何でも頑張りすぎて疲れている
・やる気が出ない
・人に言いたいことが言えない
・苦手な人がいる
・パートナーとの関係がうまくいかない  など

【セッションを受けられた方のご感想(一部抜粋)】
「人間関係がスムースにいかず悩んでいましたが、自分が幼いころから一人で頑張っていたことと、こんなにもひとりぼっちになりたくなかったんだなということを感じました。 大泣きしている私を、抱きしめてもらい、一人じゃないことを感じて、安心しました。
まだまだ、自分の中で、たくさんの感情が隠れていることがわかり、また、セッションを受けていきたいとおもいました。(30代女性)」

「最近、過剰に不安になったり気が重くなっていることに気づき、セッションを申し込みました。
私は気持が落ち着かなくなると胸のあたりで煙が充満しているような気持ち悪さと、頭の中をギューッと握られているような痛みを感じていましたが、それは自分の不安な感情を感じないように、頭と心が切り離されているからでした。(中略)頭と心が別物のような感覚でしたが、今では、頭と心がすーっとつながり、詰まりが取れた感じです。
私がセッションで感じた、抱きしめることで感じる温もりを、今後娘にも与えていきたいと思います。(40代女性)」

クライアントさんは、セッションによって、葛藤と癒し、そして自分らしい決断をする段階を経て、本当の自分の感覚や感情を感じるようになり、いろいろな物事に対して、今まで悩んでいたときとは異なる受け取り方や考え方・行動に自然となっていきます。自分が心地よく感じること(人間関係、仕事、やりたいことなど)を選べるようになります。
それこそが、「自分が本当に望む自分」に戻ったということなのです。

様々なことに悩み・問題と感じている方が、「自分が本当に望む自分」に戻って、表情やしぐさや姿勢が変わったり、自分の足でしっかりと歩けるようになった姿を見みたりすることが、とてもうれしいです。
クライアントさんの心に寄り添いながら、「自分が本当に望む自分」に戻るお手伝いをしていきたいと思っています。

現在、福岡県北九州市在住です。
熊本県出身、学生時代・就職のため山口県に10年間住んでいました。
夫と3人の子どもたち、柴犬の5人+1頭暮らしです。

【資格等】
リトリーブサイコセラピスト(協会推薦セラピスト)
センセーションカラーセラピスト
レイキ セカンドディグリー

住所:福岡県北九州市八幡西区藤原
営業時間/曜日:10:00~17:00
月~金曜日(土日・祝日は、ご相談ください)