こんにちは。
福岡・北九州のリトリーブサイコセラピスト待鳥智美(まちどりともみ)です。

ママ友グループの 付き合いが辛い、とても緊張するそんなお母さんたちが多くいます。

仲良くなっとなったと思っていたら、 いつのまにか仲間外れにされてしまった。
どうしてだかわからない、どうしたらいいのかわからない そんな恐怖を抱え、悩む方がいます。

ママ友だけで無く、これから先もずっと人との付き合い方が楽になる、そんな方法について書いてみました。

自己犠牲をやめる

仲良くしていたと思ったのにいつのまにか仲間外れにされている。
陰口を叩かれている。

そんなことになると、どうして…、どうしよう…、どうしたらいいんだろう…、という不安や恐怖ばかりがクローズアップされてしまいますね。

しかし、 落ち着いて考えてみてください。

そもそも、このグループにいたい、この人たちと仲良くしたい、と本当に本気で思っていますか?

一人はさみしくてたまらないから。
この人たちに嫌われるのは怖いから。
誰かと一緒にいた方が安心だから。

そんな理由でグループにいたいと思っているのではありませんか?

これらの理由では、自分の言いたいことよりも、相手の顔色を見て何を言えばいいのか、この場の雰囲気を悪くしないためにはどうしたらいいのか、そんなことばかり頭を駆け巡って、体は緊張したままでなのではありませんか?

それは、自分のことは何でも我慢して相手に合わせなければいけない、と自分に犠牲を強いている姿です。

おそらく、あなたの人付き合いは、どのような場でも同じなのではありませんか?

 

これから先、自分ができるだけ楽に安心して親しく人と付き合うためには、自己犠牲をやめ、本当に繋がりたいと思う人に、本当の自分をさらけ出し、安心でつながることが、必要なのです。

人間関係のトラブルに巻き込まれるタイプは?

まずは、どのようなタイプの人が、グループのリーダーとなり、あなたを仲間外れにするのかということを見ていきましょう。

いつも、笑顔でハキハキとものを言い、周りの人を楽しませ、まとめてくれる、一見、とても魅力的な人。
しかし、上から目線でものを言う、一人をターゲットにし仲間外れにする、または陰口を言う、そんな人ではないですか。

実は、このようなタイプの人は、人から好かれたい、人と繋がりたい思いは強いけれど、周りの人にどう思われるかをすごく気にしていて、安心感がありません。
本当は、自分から人を好きになることや、人に嫌われることや、自分が一番で無いことを、とても怖れている不安定な人なのです。

だから、グループ内の人の様子にとても神経を使っています。

本当に自分のことが好きなのか、どう思っているのか試すような行動や、 疑うことを常にしています。
自分の不安のアンテナを立てて見張っているのです。
そして疑わしい様子があった人や、自分より目立つ人は、自分が嫌われる前に嫌ってやろう、排除しようっていう態度に一転します。

とても魅力的に思えていた人も、 一歩引いてよくよく観察してみたり、別の人に話を聞いてみると、あちこちで人とのトラブルが絶えないことが分かるでしょう。

 

そして、ママ友のグループの悩みを抱える人は、このようなリーダータイプやその取り巻きの人達ではなく、 ひっそりとおとなしく、不安を隠して人前でオドオドするようなタイプの人が多いです。
特に悪いことをしたわけでもないのに、その姿勢がリーダーの不安のアンテナに引っかかって、トラブルに巻き込まれていくのです。

逆に、一人でも平気、誰とでも仲良く話せる、みんなではなくて少数でもとても親しい人がいる、悪口や陰口を言わない、そんなどっしりとしたタイプの人は、トラブルに巻き込まれにくいのです。

本当の問題は

さてもう一度お伺いします。

本当にこのグループに戻りたいと思いますか?
この人達と仲良くしたいと本気で思いますか?

自分が我慢して、自分を隠して、グループにいられれば、問題は解決でしょうか?

このような悩みを抱える人は、おそらく他の場面でも人付き合いの悩みを抱えていることと思います。
✓人の顔色、どう思われるのかが気になる
✓人が怖い
✓一人が怖い
✓自分の言いたいことが言えない
✓「どこにも自分の居場所が無い」感覚がある

いつも、人付き合いが不安と緊張ばかり。

本当の問題は、
◎ありのままの自分は受け入れられるはずがない
◎人は自分を攻撃するに違いない
◎自分には安心できる場所が無い
という思い込みを持っていることです。

これらの思い込みがあると
どこにいても落ち着かず、一人でいることはさみしくて耐えられないと思いながらも、自分のことは表現できず、相手の様子を伺い相手に合わせようとして、おどおどしてしまいます。

このまま続けていけば、
一人はイヤなのに、表面的な浅い人間関係しかできず、 親しい人はできなくて、結局さみしい思いを抱えたままの人生や

自分を表現できない。
なのに、
誰も自分をわかってくれない、受け入れてくれない、とすね続ける孤独な人生になってしまいます。

本当につながりたい人とつながる

◎ありのままの自分は受け入れられるはずがない
◎人は自分を攻撃するに違いない
◎自分には安心できる場所が無い

これらの思い込みを持つには、それだけ怖い、悲しい、さみしい、ツラい、体験をしてきたはずです。

まず、その思いを吐き出すことが、心の傷の癒し、安定感へとつながっていくでしょう。

思い込みが変わっていくと、自己犠牲する必要がなくなり、本当に繋がりたいと思う人に、本当の自分をさらけ出し、安心でつながれます。
また、一人でいても、みんなといても、どちらも楽しめることが、人付き合いでの悩みが軽くなることだと思います。

これから先ずっと、自分が楽に安心して親しく、人と付き合うことが出来るようになりますよ。

では、また~。