こんにちは。
福岡・北九州の心理セラピスト待鳥智美(まちどりともみ)です。
リトリーブサイコセラピー®という心理療法で「あなたが本当に望む自分に戻る」お手伝いをしています。

悩んだときには…

さて、何かに悩んだり困ったことが起きて、解決したいと思ったとき、あなたはどうしていますか?

ネット検索、本やブログを読む、
友人に相談する、カウンセリングを受ける…など

いろいろあると思います。

解決したいと思って行動しているのに、その理由も方法も納得いかず、

「頭ではわかっているのに、できないから悩んでいるのよ!」」

「要するに、我慢しろってことなの?」

「どうしたらいいのよー」

と思ったことはありませんか?

例えば、

『子どものイヤイヤ期に、カッとなって怒鳴ってしまう。
いけないと思いつつも、つい繰り返してしまう。やめたい』

『パートナーを大事にできない。』

『子どもをかわいいと思えない』

こんな時、「その時期の子どもは、そういうものなのよ。」
「親がイライラに引っ張られちゃだめよ。」
「親(パートナー)なんだからそんなことでどうするの?」
「自然に愛情が湧いてくるものよ」
「心を込めて大切にしなさいね」
「○○していればいいのよ」と、

わかっていることや、ときが過ぎ去ることをじっと耐えるとか我慢することを
諭されたりアドバイスされたりしたら、どうでしょう?

話を聞いてほしいだけの時や、どうするのか自分で決められないから決めて欲しいと

いうならば、それでもいいかもしれませんね。

でも、わかっているのにできないのはどうしてなのか、繰り返してしまうのは

どうしてなのか知りたい、そして解決したい、というときには、何の手助けにもならない。

それどころか、わかってもらえなかった、求めていたものと違うと、怒りや失望が

湧いてくるかもしれませんね。

 解決に向けて

我慢ややり過ごす方法では、結局不満や不安を貯めていくので、

いつか爆発することになるでしょう。

根本の問題を見ずに、変なポジティブ思考や、無理やり行動を変える方法では、

結局何も解決はしていないので、また同じような悩みを繰り返すことになるでしょう。

カッとなって、キレてしまうのは、こころの奥にぎゅっと抑え込んで感じないように

している感情があるからだったり、いつもいっぱいいっぱいになるほどしなければ

いけないことを抱え込んでいるからだったり、落ち着いて自分の気持ちを伝える方法を

知らないからだったりします。

パートナーや子どもを愛おしく思えないのは、自分が大切にされたことがないからだったり、
心や肌を近くに感じて触れることに抵抗があるからだったり、
自分が身も心も緩んで安心するという感覚を知らないからだったりします。

書ききれないほど、人それぞれに悩みの根本の問題があり、そこには、本人も自覚していない感覚や感情が深く深く絡んでいます。

その絡みを丁寧に解きほぐしていくことが、自然に・安全に・自分が望む解決へ向かう近道なのだと思います。

最後の頼みの綱⁈

リトリーブサイコセラピーの門を叩く人の中には、こんな風に、

「今までどうしても解決できなかった」、「ここなら解決できる・自分が変われると思って来ました」「最後の頼みです」という人がいます。

もちろん、リトリーブサイコセラピーが、どんな方の悩みにも対応していける心理セラピーであり、各地のリトリーブサイコセラピストたちが、その力をつけるために日々自己鍛錬を怠らず、結果を出しているからだと思っていますし、とてもありがたいことだと思って、私も精一杯向き合わせていただいています。

けれど、そんなに耐えなくても…、もっと早くに来てくれてもいいんですよ…と思うこともあります。

どうぞ、解決したい、自分が変わりたい、自分の何が問題か知りたい、と思ったときがチャンスですので、ためらわず、怖がらず、訪ねてみてくださいね。

リトリーブサイコセラピーとは

人は、悩みや問題を抱えていると、とても苦しい状態になります。

しかし、苦しさの中にも、その悩みや問題を抱えるメリット(二次利得)があります。

メリットとは、例えば…
・言いたいことが言えない→言わなければ否定されることがない
・人の輪の中に入れない→人に近づかなければ嫌われることがない
・何事にもチャレンジすることが怖い→チャレンジしなければ失敗しなくていい

否定されること、嫌われること、失敗を味わうこと…
それを感じることはとても怖い、イヤだ
→問題を抱えることはとても苦しい…だけど、こんな恐怖やイヤな気持ちを感じるよりもマシだ

と、無意識に問題を抱え続けることを選んでいるのが現状だということです。

このように、問題を抱えるメリットを感じていると、問題を解決することは、メリットを手放すことになります。

メリットを手放すことはとても恐怖を感じてしまうことなので、問題を手放せず繰り返してしまうのです。

そして、悩みや問題を抱えるに至る過程や、その根本の原因は、幼少期の家族関係が強く影響していることが多く、本当に人それぞれです。

リトリーブサイコセラピーでは、その人が持つメリットにも着目し、一部の問題ではなく全体を見ながら、根本の問題に絡む家族関係や愛着の問題を含め、感覚や感情を丁寧に扱います。

そのために、一時的に楽になるのではなく、問題を繰り返しにくくなるとのご感想を多くいただいています。

是非、心理セラピストを頼ってみることも、悩みや問題の解決への方法として検討してみてくださいね。

予約可能日は、スケジュールでご確認ください。

詳しい内容、料金などについては、メニューをご覧ください。

お申し込み、お問い合わせは→ コチラから!

では、また~。(^▽^)/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
  《おすすめ》

●(社)日本リトリーブサイコセラピー協会
※メールマガジン 2018年6月創刊しました!
経験豊富な当協会の公認心理セラピストだからこそ語れる
深くて役立つ心の話をお届けします!
『現役プロセラピスト達が語る心の深い話』
【メルマガ登録ページ】
メールマガジンの登録はこちらから

http://https://jnpta.com/mailmag

。。。。。。。。。。
※電話カウンセリング
現在、私を含め5名の訓練を積んだセラピストが対応しています。
まずは、問題を整理したいという方も、
お気軽にご利用くださいね。
詳細・お申し込みはコチラからです。

https://jnpta.com/telcounseling