「私、頭が悪いんです。
仕事がなかなか覚えられず、ミスしてしまいます。
考えようとするんですが、頭が真っ白になってしまいます。
本を読んでも、何回読んでもなかなか理解できないんです。」

仕事でいつも叱られてしまうことに困っている方がいます。

本当に彼女は、「頭が悪い」のでしょうか。

こころの奥に、本人も気づいてない思いが眠っていたのです。

 

こんにちは。
福岡・北九州の心理セラピスト待鳥智美(まちどりともみ)です。
リトリーブサイコセラピー®という心理療法で「あなたが本当に望む自分に戻る」お手伝いをしています。

テレビから、洪水や山崩れの映像が流れています。
今日は、北九州も朝から雨がひどくなったり弱くなったりしながら降り続いてます。

子どもの頃から頭が悪かった

私の子どもがお友達と遊んでいた時です。
一人の子の言葉が耳に届きました。

「私、頭が悪いから…」

別に宿題をしていたわけでも、クイズをしていたわけでもありません。
遊びの中の1シーンでした。
その子は、少し笑ったような表情で言ったのでした。

この子は本当に頭が悪いのでしょうか?

 

『頭がいい』とは、どういうことでしょうか。

もちろん、IQ(知能指数)、中学校以上の教育での、成績評価、順位という

数値で計るものもあるでしょう。

だけど、私が頭がいいと思う人は、

素早く的確に面白いツッコミや返しをする芸人さん
周りの人の意見を聞きながらまとめ上げる人
計算が早い人、漢字が得意な人、本のことならいろいろ知ってるあの人
ゲームでの先を読む力がある人、いろいろな角度から物事を判断できる人
豊富な発想力を持つ人、雑学に詳しい人

などなど、数値や順番では見えないことがたくさんあります。

 

「頭がいい」と思う場面はたくさんあるはずなのに、「私は頭が悪い」と

自分で自分を判断してしまうのは、どうしてなのでしょうか?

 

冒頭の彼女は、仕事で何度も注意され、努力しているつもりですが、
うまくいかず、困っているのです。

「頭が悪い、わからない」と思う時の気持ちを聞いていくと

焦ったり、困ったりする他に、

(どうせ、私にはわかるはずがない)

(誰かに聞いて、教えてもらわなくちゃ)

(自分がとても小さくなってしまう感覚)を感じるとのことでした。

 

このように、自分にはわかるはずがない、と自分を低く見て、

自分の頭で考えることをあきらめ、放棄しています。

そして、そんな自分は消えてなくなってしまう存在だと思っています。

自分で考えることを放棄した

自分で考えることを放棄した人は、幼い頃の家族パターンがあります。

・できないと怒られたが、頑張ってできても、ほめてもらえなかった
・出来のいい他のきょうだいや友達と比べられた
・親にしっかりかまってもらったことがない
・「お前はバカだ」と言われ続けた
・「あなたにはわからないでしょ」といつも先に答えを用意されたいた
・親がとても支配的で、自分の考えは否定された
・自分で決めたことで失敗し、迷惑をかけたことがある
・親が学歴に対して劣等感、コンプレックスがある

 

例えば、
◎いつもあれこれと指示を出し、キチンとすることを求めるお母さん。
「あなたはバカね~」が口ぐせで、勉強のできるお兄ちゃんをかわいがります。
娘が頑張って何かができても、「そのくらいできて当たり前」と言います。

これでは、娘は「どんなに頑張っても、認めてもらえなから、もうやめた」
「どうせ、私はバカだから」と決めてしまうでしょう。
◎しっかり勉強ができることを望む両親。
実は、両親は自分の学歴にコンプレックスを持っています。
お父さんは、勉強しなかったり、成績が悪いとひどく怒ります。
でも、お母さんは、子どもが「見て!○〇できたよ」と見せに行くと
嫌そうな顔をしたり、「今、忙しいから」と言って無視したりします。

~勉強ができないと怒られる、だけど、できても嫌がられる~
大切にしたい両親から反対の態度をされては、子どもは、どっちも
選ぶことができず、混乱してしまいます。
「私は勉強ができない」と決めて、考えることを放棄する方が楽なのです。
(このように、どちらもに縛られて身動き取れないことをダブルバインドといい、
自分で自分の人生を選べない原因になっていることが多いです)

 

このようなことが日常的に続いていると…

・自分で考えたり、判断する機会を奪われ、
考えることがどういうことかわからない、怖い

・もし、自分で考えた結果が失敗したら、
その責任を取らなくてはいけなくなるのが怖い

・親の劣等感を刺激すれば機嫌が悪くなるから、この家には居られない
または、親を追い越してしまっては親はかわいそう

このように、低い自己重要感、劣等感、罪悪感、恐怖を持ち

「私は頭が悪い」と思い込みます。

 

「私は頭が悪い」ということに、困りながらも、
こころの奥には、次のようなメリットがあるのです。

自分で考えなくていい
自分で決めなくていい
この家に居られる
親の面倒をみられる(精神的な)
傷つかずに済む

メリットがあるから、「頭が悪い」という思い込みを捨てられないのですが、

「自分で自由に考えられない」というのは、大人として問題が出てきますよね。

言われたことをやるだけならいいでしょうが、

自由な発想が必要な場合は??

自分で考えて決定する立場になったら??

たくさんのことを自分で順番を決めてやっていくには??

どうでしょう?

 

これは、子どもの頃の知りたい、できるようになりたい、という自然な

欲求である『成長』につまづいていることでもあります。

大人になっても、つまづいた『成長』の段階を取り戻すことはできるのです。

 

私の子どものお友達は、まだ小学生なので、しっかり思い込んでいるの

ではないかもしれません。その時は考えたくなかっただけかもしれません。

けれど、これから広がる友達や先生のかかわりが、子どもたちにとって、

いいものであるといいな、と思った一言でした。

今から取り戻す

やる気が足りないのかと、気持ちを上げる方法を見つけたり、

勉強法をあれこれ試したりすることに、時間とお金をかけるよりも

「私は頭が悪い」という思い込みを、安全に取り除いた方が

ずっと、無理がないと思います。

〇目で追うばかりだった本の内容が、頭に入るようになった

〇自分で考えてみることが、苦痛ではなくなった

〇勉強するおもしろさが、少しわかるようになった

〇視野が広くなった

などの感想をいただいています。

 

 

あなたは、「頭が悪い」のではなく、

「自分で考える」ことをあきらめ、放棄しているのかもしれませんね。

 

 

では、また~。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●個人心理セラピーセッション
●心理カウンセリング
【9月予約可能日】
4日(火)13:00~
5日(水)10:00~ 、13:00~
12日(水)13:00~
13日(木)10:00~ 、13:00~
14日(金)10:00~ 、13:00~

※その他の日時のご希望にも添える場合もありますので、お問い合わせください。
お申し込み・お問い合わせは→ こちら
詳しい内容や注意事項は、メニューをご覧ください。
個人心理セラピーセッション 90~120分 料金30,000円
心理カウンセリング 60分 7,000円

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

《 おすすめ 》

◎9月名古屋にて開催されます!!
【ダブルバインドを解除して、こころの自由を手に入れよう】
かず姐さんこと大鶴和江さんと、垣内ますみさんによる
1dayセミナーです。

~このような方に~

  • 心理学に興味がある
  • ダブルバインドを知りたい、興味がある方
  • 好きな事がわからない。選べない。
  • 自分の好きなことをやろうとすると急に怖くなってやめてしまう
  • 好きな事ややりたい事を見つけても長続きしない。
  • 起業したい!と勉強したりセミナーに行き頑張るも起業した途端にやる気がなくなる
  • 何をやってもいつも達成できないでリタイヤしてしまう
  • ドタキャンばかりしてしまう

詳細、お申し込みは下の↓バナーをポチっと~

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

日本リトリーブサイコセラピー協会では、
電話での心理カウンセリングも行っています。

電話カウンセリングについての詳細・お申し込みはコチラからです。