自分がやりたいと思ったことをやることにためらいや罪悪感はありませんか?

 

こんにちは。
北九州の心理セラピスト待鳥智美(まちどりともみ)です。
リトリーブサイコセラピーという心理療法で「あなたが本当に望む自分に戻る」お手伝いをしています。

自分の興味、やりたい、行きたいことをあきらめる

自分が興味を持ったこと、やりたい、行きたいと思ったことを、やらずにあきらめてしまう。

今はできない、遠い、もうこの歳じゃ遅い、お金がない…など、

もっともらしいあきらめる理由を見つけるのがうまい人も、このタイプでしょう。

また、やったとしても、何だか、誰かに、悪いな~という気持ちが付いてまわり、

心から思い切り楽しむことや、やりきることができない人もいますね。

楽しそうな人を見ると、うらやましい気持ちや妬ましさを感じることもあるでしょう。

 

このような人は、無意識に、自分が楽しむことを禁止しているのです。

自分は楽しんではいけない

・自分がやりたいようにすると怒られた
・自分が楽しむと、忙しい両親に悪いことをしている気持ちになった
・両親も楽しむことをしない人たちだった
・自分がやりたいことをすると、お母さんが悲しい顔をした
・「楽あれば苦あり」のように楽しむことと苦しむことはセットだと言われた
・親が先回りをして、あれこれやっていた

幼い頃にこのような体験をすると、自分が楽しむことや、やりたいことをやることに

ためらいや罪悪感を感じるようになります。

人を羨むばかりで、自分がやりたいことがわからない、ということにもなります。

これでは、『自分の人生を楽しむ』ということから遠く離れていると思いませんか?

自分の人生を楽しむために

まず、じっくりと自分を見つめ直し、心のキズを癒すことが大切です。

傷付きや恐怖を抱えたままでは、なかなか生きづらさは手放せません。

 

それから、「自分は自分のやりたいことをしてもいいんだ」と決意することで、

罪悪感やためらいを感じずに、自分のやりたいことをやることができるようになりますよ。

 

実際、行動するときには、いきなりとても大きなことに挑戦するよりも、

まずは、身近に興味を持ったことにチャレンジしてみることがいいかもしれませんね。。

これまで経験がなかったのですから、少しずつ楽しい感覚と経験を積み重ねていくと

自分の興味、楽しみ、やりたいことへのアンテナの感度が上がって

自分が本当にやりたいことに出会うでしょう。

 

 

あなたは、どんなことに興味がありますか?

やってみたいことは何ですか?

自分の心が弾む感覚を感じてみませんか?

 

では、また~。

・・・・・・・・・・